イタリアンだからしゃーなしだなとか

私の家のガレージは、コンパクトカーを入庫しただけでイッパイイッパイな狭い掘り込み式。
残念ながら築40年オーバーとなると、当時の自動車の大きさに合わせて設計された理屈が現代では通用しなくなる。
一昔前の車は小さい。例えばZ32。
デビューした当時は「なんとグラマスで大きいことか」と思ったのに、最近になって幹線道路で見かけたときは隣を走るプリウスの方が大きくて目を疑うことになる。BNR32もまたしかり。今見るとなんか小さい。軽トラの特装車の方がきっとでかい、あ、それはないか。

話が脱線しました。

とにかく、私の家のガレージは昔のクラウンなら入っただろうけど今はコンパクトカーでちょうどいい広さということ。
その上2台のリッターバイクが同居しているので、奥に入った999sを引っ張り出すには車とTLをガレージから追い出さなくてはいけない。
すごく面倒なのです。

やっとのことで引っ張り出した999sを見て何か違和感。
原因はこれ。

f:id:moto-roo:20181212154220j:plain
ウインカーレンズが外れかけていました。そしてポロリ・・・。


ミラーと一体型のウインカーってデザイン性を抜きにすると、非常に鬱陶しいことが多い。
これは999sに限ったことではなく、昔乗っていたK100RSも同じ。
ミラーの角度調整に大きな制限があり、もう少し外側に向いてよと思ってもグヌヌとなってしまう。
999sに至っては後ろがほとんど見えません。
一般的なオートバイと違ってミラーを畳めないのも不便。
そして転倒で真っ先に壊れる可能性があるのに、アッセンブリー交換となると価格が高くなる傾向になります。

まぁそれはともかく、転倒どころか走ってもないのに、なぜこうなる。
原因は施工不良。
レンズは反射板に接着されているわけですが、メッキの上に接着剤を盛っているせいでメッキごと剥がれ落ちた。
接着剤使うなら塗布部分のメッキははがさんとアカンでしょ。

お粗末ながらこんなんでも片側だけで新品は2万円を超える。
2万円ですよ。
2万円あったらオーリンズをオーバーホールに出せますよ。

乗ってないのになぜ壊れる。
敬虔なドカティストなら「しゃーなしだな」で済ませるのでしょうけど。

外れかかってたレンズは、今度こそ絶対取れないように念入りに接着しておきました。
使った接着剤はこれ。

セメダイン 超多用途 接着剤 スーパーX クリア P20ml AX-038

セメダイン 超多用途 接着剤 スーパーX クリア P20ml AX-038

 

 これなら多分、何があっても外れないでしょう。

速くなりたいのか膝を擦りたいのか肘も擦りたいのか

オールだ!

サーキットに来ている人の本音はこんな感じでしょうね。
実に分かりやすい。単純バカ。
トラックデイとレースの違いは一つだけで、トラックデイには勝ち負けがないということ。
この差は大きい。

ところで、ひざはともかく肘を擦るってどんな感覚なんだろうか。
まぁ肘擦りなんて実用度という面ではMotoGPやWSBの世界でもない限り、程遠い世界と思うんだけど。

肘擦りどころか、足出しすら素人が真似したらグラベルまで一直線だ。無理はよくないのです。

実のところ、私はタイヤがズリズリ滑るという感覚がよくわかりません。
あるのは食いついているか、破断してズルッとなる感覚のみ。
多分アノ感覚が滑っているんだろうなぁと思い当たる節はあるのですが、その頃は初期型TL特有のドンツキをなだめるのに精いっぱいです。
ともかくズルッはよくないですズルッは。ハイサイド一歩手前です。心臓に悪いです。

来年はもう少しバンク角が深くまで乗り込みたいですね。
肘はともかくマフラーを擦るぐらいに。

f:id:moto-roo:20181206190818j:plain

 

サーキットだってオープンフレーム式発電機のススメ

 

f:id:moto-roo:20181203131610j:plain

タイヤウォーマーといえば発電機。切っても切れないこの二つの仲。
国際サーキットでのトラックデイならピットの数に余裕があるので発電機はまず必要ないですが、それ以外となるとはやり発電機は必要になってきます。

サーキットで見かける発電機の多くはインバーター式の密閉型です。
コンパクトで軽量で静か。そこまで大きくないので積載も楽。ええ、わかってるんです、その利点は十分すぎるほど。
しかしここはあえてサイクロコンバーター式オープンフレーム型の利点を挙げていきます。
「発電機が欲しいけど(中古も含めて)高い!」という人にはオープンフレーム型も良いですよってことで。

続きを読む

鈴鹿ツイン 朝練 うさぎさん 12月1日

f:id:moto-roo:20181202205500j:plain

今年の鈴鹿ツイン走行はこれで最後となります。

いつもの朝練と違い、人はまばら。といってもピットが使えることはなく、込み具合は金トレと同じ感じ。
コースが前回より空き気味だったので走りやすかったです。
お隣は1年前にお世話になったトライアンフデイトナの方。あちらも覚えていてくれたようでしばし談義をする。
声掛けしてくれる方もいて、少しずつ顔なじみになってきたようです。

f:id:moto-roo:20181202205507j:plain
1本目。
空気圧を少し低めにしてみて、様子を見てみる。
切り返しが重くてなんだこりゃ?という印象。
2本目。
空気圧を再設定。かなり好印象。でもいきなりコースアウトしたのはよけいです。

一つ残念だったのは10秒切れなかったこと。
ジャスト1分10秒。
来年こそ10秒切りを達成したいです。

次は鈴鹿サーキット。12月14日のROCです。


2018/12/1 Suzuka Twin circuit / Rabbit class / Round 1


2018/12/1 Suzuka Twin circuit / Rabbit class / Round 2

トランポはレンタルか自家用か

f:id:moto-roo:20181129145522j:plain

「サーキット走って自走ですか?」
たまに聞かれる質問です。
答えは「いえ、軽トラに積んで行ってますよ」
すると「ああ、やっぱりそうですか」とため息つかれます。
皆が考える自走ですが、そこにはリスクが潜んでいることは薄々気づいておられるのでしょう。

自分は自走する気はないのですが、かといってトランポは所有していません。
トランポになりうる車両に買い替えるための追加金を用意したりする気もありません。
買い足しも今のところあり得ません。
とはいえ、レンタルと所有とどれくらい差があるのかきちんと調べたことはないのでちょっと計算してみました。

続きを読む

ややこしいレース旗 ブラック / ホワイトフラッグ

鈴鹿サーキットで走っていると、白黒旗が振られていることがあります。
コースには他に誰も走っていない。明らかに自分に対して振られています。
さて、これは一体・・・?

f:id:moto-roo:20181127165840p:plain

ブラック / ホワイトフラッグ・・・“対象者はスポーツマン精神に反する行為をしている”

いやいやいや、そんな、無茶なこと何もやっちゃいませんよ。
とはいえ、レース旗にて黒色というのは大体自分に非がある場合のイメージが強いため一瞬パニックになります。

これ、FIAとMFJでは意味合いが異なるのです。
MFJ講習テキストによると、

●白黒斜分割旗
制止
前方にスロー走行車両があることを示す。
振動
前方のスロー走行車両と走行ラインが重なる可能性を示す。

ということになってます。
全然内容が違いますね。
ちょっと紛らわしいです。いやかなりです。
もう少し他になかったんですか、と言いたくなります。

ちなみにこの「前方にスロー走行車両がある」という意味のフラッグは4輪だとホワイトフラッグになりますが、2輪ではホワイトフラッグは救護活動が行われている意味になります。
がさらにややこしいことにMotoGPでのホワイトフラッグはマシンの乗り換えが可能という意味になりますが、まぁこれは我々一般ライダーには縁がない話ですね。


2輪と4輪ではレース旗の内容は多少違えど、ここまで内容が異なるのはこの旗ぐらいです。
ウィキペディアには4輪区分しか表記されてませんが、勘違いしそうなので2輪区分も追記していてほしいなと思う今日この頃でした。

TL1000S ラップタイマー用ガジェットマウント

以前にやっつけで作ったガジェットマウントはハンドルマウント仕様で、視界がメーターに干渉しており不満がありました。
それに2mmのアルミ板はペラペラで仕上げも荒すぎました。

moto-roo.hatenablog.com

f:id:moto-roo:20181126092223j:plain

今回はメーターステー側にマウントする仕様にします。
材料は3㎜アルミ板と3mmアングルを利用。
周辺の寸法を取りたくても場所が狭く入り組んでいるので、ノギスや物差しが入らなかったので現物合わせで寸法を割り出すことにしました。
アルミ板の切断にはジグソーを利用。
前はグラインダーを使っていたのですが、その時なぜかジグソーを持っていることを失念していました。
当然こっちの方が楽だし切断面もきれいです。

f:id:moto-roo:20181126094901j:plain
マウントに利用するのはメーター下からコンニチワしている2本の6㎜タップボルト。
ここに3㎜アングルをかませて3㎜アルミ板を連結。
ガジェットのクランプは市販品を利用。

f:id:moto-roo:20181126092208j:plain
ただ、市販品は大きすぎるので、また今度にでもアルミアングルから自作したいと思います。
こうなってくるとボール盤が欲しいですね。
製作用の作業台も・・・。

 

f:id:moto-roo:20181126092144j:plain

前回と比べたらまぁまぁの出来です。
とりあえず今回はこれでいいかなと。