リアスプリングユニット 調査分解

f:id:moto-roo:20180213102222j:plain

TLというバイクは、ダンパーユニットとスプリングユニットが別体というバイクでは珍しい構成となっています。
またレバーリンクユニットも少々変わっており、初見で組み上げる時に首をひねったものです。
当時のスズキ・エンジニア精神がチャレンジスピリッツに溢れていたのは素晴らしいのですが、ちょっと熱が入りすぎて暴投気味だったようです。
その証拠に悪名高いロータリーダンパーの採用は、この機種が最初に最後で消滅しました。
皆感じるところは同じのようでTLシリーズの改造の定番は、ダンパーをオーリンズやビチューボに変更するというものです。
このバイクも購入時で既にダンパーがオーリンズに変更されていました。
こちらは交換した時期も走行距離も不明なので一度オーバーホールに出すべきなのですが、予算の関係上後回しにしています。

今回はあまりにも動かないリアサスユニットの調査のために、スプリングユニットを分解してみました。
ここは少し前にも分解しているのですが、以前から「?」な箇所があるところです。
バーリンクユニットは0.01mmのシムを用いて調整の必要がありそうです。
ついでに以前やろうと思って忘れがちだった、リアサスのフルストローク値とチェーンの張り代も調べておきまました。

f:id:moto-roo:20180213100940j:plain