パーソナルロゴ誕生秘話

全てはワイフのスケッチから

無銘のパーソナルロゴの誕生秘話なんて誰も知りたくもないだろうけど、日記だと思ってお付き合いください。

車で移動中にたまたま見かけたSRV250。
ビラーゴのVツインエンジンを搭載したカフェレーサー風バイク。

ライダーである妻に「オシャレなバイクっていいね」と話しかけたら、
返ってきた答えは
「カンガルーみたい」

 

目が点になったのでどういうことかと聞いたところスケッチしてくれました。
f:id:moto-roo:20180216090749j:plain
フロントフォークの伸び加減と、エンジンとタンクのみっちり感の組み合わせがマッチョなカンガルーに見えたらしい。

これが個人的にツボにはまってしまい、パーソナルロゴの下絵となりました。

 

f:id:moto-roo:20180216095342p:plain
コンセプトはどこかクラシカルでローカルでユーモラスで。
そんな感じにデザインしてみました。
配色が特に決まっていないのはパーソナルロゴならではのこと。
CIじゃないから自由でいいよねってことです。
お遊び気分なので取り決めは特にありません。

f:id:moto-roo:20180216095257p:plain

f:id:moto-roo:20180216095226p:plain

 

TL用にはこんなのもあります。

f:id:moto-roo:20180216095413p:plain

f:id:moto-roo:20180216095444p:plain

直訳すると・・・?。