いざとなれば頼もしいショップ

サーキット走ともなれば、レース活動ほどではなくても素人には手に負えない問題が出てくる可能性もあるわけで、いざという時に頼れるショップを見つけておくことは結構重要だと思われます。

そもそも車輌のメンテナンスは自分でやる、といっても一体どこまでの範囲をやればいいのでしょう。
財力があれば全部プロに任せるのが一番ですがそうもいかないから、自ら工具を手に取るようになるのでしょう。
環境、経済力、知識、そして体力。体力は結構大切な要項です。工具を買い揃えるにしても結構な金額になります。
知識は素人である我々には、出たとこ勝負で覚えるしか方法はありません。
倒立フォークの組立てとか、図解で説明しているドキュメントは多くあれど、実際やるとなると始めは途方にくれることになります。
サービスマニュアルに載っているかといっても、クランクの分解など素人が手を出すべきではない世界もあります。
バルブシートカットは内燃屋さんいわく、素人さんはおろかショップのメカニックですら親の敵といわんばかりガッツンガッツンとやりすぎていることが多いようで、思い当たる人は専門家に任せたほうがよさそうです。

 

f:id:moto-roo:20180219111548j:plain
写真はTLのダンパー付け根。
岡山サーキットで走行中にリアが急によれてグラベルに突っ込みかけたのですが、その後点検したらダンパー付け根にクラックが入っていました。
幸いTLを購入したショップはアルミ溶接も請け負ってくれるので、早急にしかも適正価格で処理してくれました。
依頼内容は「見かけは気にせず、とにかくガッチリ溶着させて。ノーマルのロータリーダンパーは採用しないから」という割り切り方。
バイクショップの多くは溶接作業等は外注依頼になるでしょうし、時間もコストも割り増しになりかねませんでした。
こうした予期せぬ事態に即対応できたのは、よいショップと巡り合っていたおかげです。

 

f:id:moto-roo:20180219111610j:plain
意外と落とし穴なチェーン調整。
マニュアルには10~20mmの遊びが云々と書かれている場合がほとんどなのですが、本来はショックを外してピボットシャフトとホイールアクスル位置が水平になった所で調整すべきなんですよね。
この辺はモトクロスやっている人の方が詳しい人が多いです。
あと、上は張り詰めて下はダルダルというのも多いパターンです。