1人で始めるサーキット走.6

f:id:moto-roo:20180222180546j:plain

サーキット走にはフリーか走行会か、二つの選択肢があります。
どちらがよいかは一概には言えないのですが、個人的にはフリーの方が好きです。
走行会は国際コースを気軽に走れるのが魅力です。


フリーのメリット

  1. 料金が安い
    サーキットにもよりますが、2本走っても10,000円以内なので走行会と比べて割安です。
  2. 走行日時が多い
    4輪と比べると少なめなのですが、それでも一般人が趣味で走るには十分なスケジュールが割り当てられています。
  3. 短い時間で済ませられる
    走るだけなので、時間の使い方がシンプルに済ませられます。
  4. 走行会よりライダーが少ない
    これは自然とそうなりますね。

フリーのデメリット

  1. ライセンス料が高額になる
    ライセンスを取るのは教習場に通うようなもので、お金はかかりますし鈴鹿の場合だと時間も必要とします。さらに年会費もかかるので、年に数回しか走らない場合は宝の持ち腐れとなります。
  2. 敷居が高め
    来る人はレース活動をしているなど、ガチの人が多いです。

走行会のメリット

  1. ライセンス無しで国際サーキットを走れる
    ある意味最大のメリットかも。
  2. 気軽に参加できる
    サーキット走が初めての方が多いので精神的に楽です
  3. 写真撮影サービスがある
    プロのカメラマンが自分の走行シーンを撮ってくれます。有料の場合もあります。
  4. 模擬レースなどのイベントがある
  5. 走行時間が長め
  6. 昼食つき

走行会のデメリット

  1. 参加費用が高い
    参加費が15,000円から20,000円ほどかかります。
  2. 日時が少ない
    いつでもあるわけではありません。
    参加条件が自身に適用しない場合はエントリーすらできません。
  3. 半年前からエントリーというのも珍しくもなく、しかもあっという間に定員に達してしまい、気がつくとエントリー不可になります。
  4. 天候が悪いからといってキャンセルしても参加費は戻ってきません。
  5. 1日仕事となる
    早朝から帰宅は夜までと、拘束時間は長くなる傾向です。
  6. インターバルが長い
    自分が走れるまでの時間が長く、中ダレします。
  7. コース上が混雑
    レースをやっている人から初めてサーキットを走る人まで参加しているので、時にはコース上で渋滞が起きる場合もあります。
  8. ピットが満員になる可能性が高い
    コンセント争奪戦になります。そのため、早朝からピットインする必要があり、遠方の人ほど不利になります。