BERIK TRACK DAY

もう、暑いんじゃー!な1日でした。

f:id:moto-roo:20180726110113j:plain

ボスコモト主催の走行会に行ってきましたが、そりゃ連日の猛暑だから覚悟はしてましたが、今回は命の危険を感じましたよ。
でも岡山国際サーキットを走る機会は走行会しかないので、コレを逃すとその先はどうなるか・・・。ということです。

ホームストレートとバックストレートからのフルブレーキで数回、思考が遅延しました。
「あれ?次何するんだったっけ?」
そして迫るコーナー。

幸いな事に午前中は風が吹いていたのでまだマシでしたが、昼を過ぎるとそれもなく・・・。

f:id:moto-roo:20180726110147j:plain

第1走目は鈴鹿ROCと同じく先導車付きで2周回です。
この時点で「ああ、風が気持ちいい」とか言い出す始末。
先導車から開放されても皆ペースを上げません。

私はというと、この日は何故かスーツとの相性が良くなく、脊髄パッドのマジックテープが首筋にガリガリと当たり集中できませんでした。
これはこの日ずっと付きまとうことになります。

第2走目は更に気温があがり、なお酷暑となります。
おまけに昼ごはんが食堂を逆流してきそうです。
もう、サーキットクルージングですかというペースでダラダラ走ることに。
というか、皆なんでそんなにのんびりペース?
そろそろ真面目に走ろうかとすると、赤旗が立ちました。

第3走目。
もうなんでもいいわぁという心境。
1ラップ目でリアタイヤがズルリ。気分が盛り下がります。
タイヤがズルズルということで、膝を擦らない程度に走っていました。
残り5分を切ったところで完全に集中力が途絶え、これ以上は危険と判断して早々にピットインしました。

f:id:moto-roo:20180726110209j:plain
真夏の走行会はダメですね。
全然気分が乗り切れません。
バイクもパワー不足だし、良いことありませんでした。

 


2018/7/24 BOSCO MOTO Trackday - First time