新品タイヤでツルリはお約束

ついこの間α-14に履き替えたばかりですが、先日またしてもタイヤを交換しました。
銘柄はMAXXIS MA-PS。2015年製造。
1円スタート / オークションで前後16,000円で落札。
うん、安いは正義。・・・正義なのか?安物買いの銭失いじゃないのか。

f:id:moto-roo:20180806162738j:plain


なんせこの銘柄に関する情報は皆無です。
日本ではデイトナが卸していますが、明らかにブランド戦略ミスでしょう。
この落札したタイヤもブランド力不足故に売れずに大量在庫のあげく、棚卸しで廃棄されるはずの物が流出したんじゃないの?とか思うのは私の個人的推測。
2015年ものじゃぁまともに売れませんよね。少なくても日本では。

さすがにこのままサーキットに持ち込む勇気は無く公道で皮むきするわけですが、思った以上に剥離材が硬化していたせいなのか最初の交差点で右折しようとしたら突然ツルリと滑りました。
この滑り方は本当に心臓に悪い。
いつもの峠で走ってみますがα-14のときと比べて、そらもーなんというかバイクの挙動がつかめずタイヤの接地感も感じられず、おっかなびっくりです。
サイドウォールが固くてホイールに嵌めるのに苦労したわけですが、やっぱり固いものは固いんです。
そういえばナンカン スポーティアック WF-2も固いとのことですが、台湾タイヤは総じてこんな感じなのでしょうか。

コース中間の休憩ポイントで「即効でα-14に嵌めなおし。このタイヤは処分」と頭をよぎりましたが、走行距離が70km過ぎたあたりから印象が少し変わってきました。
とはいいものの、それはまともに走れるという程度なので油断は禁物です。
最低でももう一度テストしないとなんとも。
こういう時のためにもうホイールを1セット入手したのですが、こちらはまだ準備できてないのです。

ところでMAXXISというブランドについては、個人的には自転車用タイヤとして馴染みはあるほうです。
でも自転車用タイヤとモーターサイクル用タイヤとでは求める物がまるで違いますしね。