エアコンを自分でつけようとしてズビズバ

ある事情につき中古のエアコンが手に入ったので、こちらをトレーニングルームに設置することに。
業者に頼んだら2万円(配管代含む)。
自分でやったら・・・あれ?どうしてこうなった。

f:id:moto-roo:20190527101633j:plain

 ワイフは私よりもDIYが好き。エアコン工事を自分たちでやろうと言い出したのもワイフからの提案。
とはいえ、主な作業は旦那さんのお仕事だ。

真空ポンプを買い、室内側から配管を壁穴から引っ張り出し、室内機を壁に取り付け、いざ真空引きを開始・・・なのだがなんか様子がおかしい。

二人して首をひねりつつ、ふと配管ホースを咥えて吸い込んでみると・・・息ができる。穴が開いていたようだ。
疑わしき個所の被膜を剥いてみるとねじれて穴が開いていた。
中古のエアコンだし他にも穴が開いている可能性もあるので、ホームセンターで新しい配管を買ってくる。
室内機を取り外す必要があるので、古い配管を外すのも手間だし切り落とすことにしたのだがこれが間違いだった。
誤って室内機の配管をフレアナットごと切り落としてしまった。

またホームセンターに向かい、フレアツールとパイプカッターのセットとフレアナットせっとを購入。
室内機側の配管を加工してフレアナットで配管を接続し再び真空引き・・・まだ空気が抜けている。
どこがダメなのだろうと、配管を触っていたら室内機側の配管がさらに根元からボロリとぬけた。

ということで再び室内機を外して(以下略

すったもんだの末にようやくエアコンは無事動きました。
いい勉強させてもらいましたよ本当に。出費もかさみましたがそれでも業者にやってもらうよりかは安く済みました。
次からはエアコンは自分たちで設置できるね、ということでメデタシメデタシです。


レーニングルームには冷房窓エアコンをつけていたのですが、音がうるさい上に冷えるのに時間がかかるのと冬は役立たずなわけで不満だったのですがこれで環境がぐっと改善されました。

f:id:moto-roo:20190527101642j:plain

ワイフと二人四苦八苦しているさまを、猫が不思議そうに眺めていました。
人がヒーヒー言いながら苦労しているのに腹立つ・・・いや可愛いから許す。