帰ってきたイタリア娘 ただし傷だらけ

あれから1か月半。入院していた999Sのお帰りです。
まだまだ傷だらけですが、とりあえず引取りました。

f:id:moto-roo:20190713193356j:plain

ぐちゃぐちゃになったヘッドライトアッシーとメーターとキーシリンダーとクラッチマスター周辺など、フロント回りを交換してもらい、見てくれはもう少しで修理完了?というところまで来ているように見えますが、多分ここから長くなる。
他にやること、交換するところ多々ございます。

f:id:moto-roo:20190713193310j:plain

左右のフェアリングはかき集めないといけないし、タンクとシートカウルとフロントフェンダーは修繕。
タンクは盛大に凹んでいるのでデントリペアが必要。
要するに、オールペンです。バイクのオールペンなんて何年ぶり?
シートフレームのステーが曲がっているので、こちらもスライドハンマーなんかでどうにかする必要がある。
バックステップも当然交換。
ナンバープレートフォルダーも折れているしあれよこれよ・・・

f:id:moto-roo:20190713193419j:plain

ちょっとびっくりしたのはタンクの塗料。

軽く剥がそうとすると・・・なんだこれ?プラスチック?
塗料というよりまるでプラスチックコーティングです。
こんなの見たことがないぞ、ナニコレ誰か教えてください。

f:id:moto-roo:20190713193442j:plain

今回の災難の原因ともいわれているパンク。
左側に転倒しているのに右側に釘が刺さっているのは変です。
つまり、転倒前に空気圧が抜けていてそれに気づく間もなく後輪が流れて・・・
もう考えるのはやめましょう、今更感です。

f:id:moto-roo:20190713193220j:plain