TL1000S

鈴鹿ツイン 金トレ 6月29日

先々週が雨で流れてしまい、結局1か月のブランク越しのトラックデイ。しかも前回と同じく湿度が高くて体力を根こそぎ奪われそうな天候でした。 今回は熱対策として小さなクーラーボックスにアイスノンと保冷材を入れて持っていきました。これなしでは乗り切…

手首関節が固い代償

バイクのインターフェースでファーストフェーズといえばまずスロットルです。これを人が操作しないとバイクは前に進みませんし、進まないバイクにはブレーキもサスもモックでよい筈です。まぁそれはわかっていますが、だからといってこのパーツを純正からわ…

鈴鹿ツイン 5月18日

うだるような暑さに負けた当日の鈴鹿ツイン。思えば積み込みの段階ですでにへばってました。暑い暑い暑い。 厚い雲に覆われたせいで湿度と気温がぐんぐん上昇し、おかげでかなり体力を消耗しました。あまりの暑さで集中力がときれたり、先行車をパスしように…

鈴鹿ツイン 5月4日

人とバイクで埋めつくされたトラック・デイ。 当日はミニバイク耐久レースとバッティングで、というかそちらがメインで朝練組はその合間を借りているというか。とにかくトランポで埋めつくされてどこに陣取ろうかと迷ったほどでした。 今回はライディングの…

鈴鹿ツイン 4月20日

晴天に恵まれた当日。とにかく暑かったです。 ハンドルを交換したおかげでポジションはかなり改善されました。次はシフトペダルの角度とリアブレーキペダルの形状でしょうか。特にリアブレーキは踏んでるのかどうかすらよくわからないのが課題です。 そして…

ポジションの改善を図る

バックステップやハンドル交換はポジションの最適化のため。 TL1000Sのテストライダーは、痩身でストイックなライダーだったのでしょうか。体重は60kgも無かったかも。フォークスプリングレートは低いし、80年代のレーサーほどじゃないにせよハンドルは絞り…

鈴鹿ツイン 3月30日

約2ヶ月ぶりの鈴鹿ツインです。 晴天なり。 そしてあふれるピット。 当然のごとくコンセント確保など不可能です。発電機が間に合ってよかった。天気は最高なのですが体調が良くなく、準備中で何度か吐きそうになる始末。 走り出して数週目で喉がカラカラにな…

フォークスプリング交換

家族サービスやらアデノウィルスの猛攻やらでサーキットはご無沙汰。 それどころか整備もできませんでしたがやっと特注のフォークスプリングを組むことができました。 与えられた時間は3時間。右がノーマルのスプリング。 左が製作してもらったスプリング。…

TLのバックトルクリミッター

TL-Sは初期型と後期型ではクラッチが異なります。どちらの方が良いかといえばもちろん後期型なのですが、あいにく私のTLは初期型です。初期型のクラッチはスプリングが5本。後期型は6本。当然ハウジングの形状も異なります。まぁそれはいいのですが、部品供…

リアスプリングユニット 調査分解

TLというバイクは、ダンパーユニットとスプリングユニットが別体というバイクでは珍しい構成となっています。またレバーリンクユニットも少々変わっており、初見で組み上げる時に首をひねったものです。当時のスズキ・エンジニア精神がチャレンジスピリッツ…

鈴鹿ツイン 2月9日 金トレ

2月9日に走りました。 足回りのセッティングが全く出来ておらず、一つ一つ解決策を模索しています。走ってはピットに戻りリアの減衰ダイヤルを数ノッチほど緩めていくのですが、タイムは少しずつよくなるもののベストとは程遠いです。 私自身のスキルが大し…