鈴鹿サーキット ROC 東コース 2018/11/7

乗り慣れてきた999s。
とはいえ999sが持つ本来の実力は、半分も出し切れていないと実感もしたトラックデイでした。f:id:moto-roo:20181108110324j:plain

 

前回は慌ただしかったので少し余裕をもって到着したので、準備に慌てずに済みました。
少し時間があったので遊園地へアプローチしてみたり。
トンネルゲートをくぐると別世界になるのは不思議な感覚です。

 

f:id:moto-roo:20181108110609j:plain
先週では雨マークが出ていましたが覆って晴天です。
絶好のコンディションですね。
今回の2本走行は1本目Bクラスと2本目はエキスパートクラスと混走になるAクラス。
速くなるには、結論から言えば速い人に混ざるのが一番なので今回はよい機会でした。

1本目で前回よりタイムが2秒縮まりました。
乗り慣れてきた感が強いです。
タイヤの空気圧を前回よりかなり下げたのも要因でしょうか。

2本目。
これが今回の目的です。
エキスパートクラスの、1分を切る人達の走りは今の自分にはまだ次元が違います。
さすがに速い。そして抜き方が上手い。
同じく999を駆るライダーのコーナースピードを見せつけられて、自分の技量の低さを改めて思い知らされました。
ただ、この2本目でタイムは1分切り手前の1:00台まできました。
タイムも全般的に目標とする1:01-1:02がコンスタントに出るようになってきたので良しとします。ある日突然速くなるってわけではないですし、これからの精進しだいですね。
次は「第一コーナーでいかにスピードを殺さず進入できるか」が課題です。

ラスト周辺ではギアミスを頻発し集中力が途切れてしまいました。情けない限り。

次回はいよいよ念願のフルコースです。
晴れてくれるのを祈りましょう。


帰りにまた遊園地まで、子供にお土産として長袖シャツを買いに足を運びました。

f:id:moto-roo:20181108110601j:plain

平日の遊園地は閑散としていて夕方となるとより一層哀愁感が漂います。
でもその静けさがフォトジェニックでいい感じです。

 


2018/11/7 Suzuka circuit / ROC / Round1 B class


2018/11/7 Suzuka circuit ROC / Round2 / A class

f:id:moto-roo:20181108110541j:plain

今回はアクションカム用にマウントを自作したわけですが、振動の影響を受けすぎてしまいブレが大きくなってしまいました。