TL1000S ラップタイマー用ガジェットマウント

以前にやっつけで作ったガジェットマウントはハンドルマウント仕様で、視界がメーターに干渉しており不満がありました。
それに2mmのアルミ板はペラペラで仕上げも荒すぎました。

moto-roo.hatenablog.com

f:id:moto-roo:20181126092223j:plain

 

今回はメーターステー側にマウントする仕様にします。
材料は3㎜アルミ板と3mmアングルを利用。
周辺の寸法を取りたくても場所が狭く入り組んでいるので、ノギスや物差しが入らなかったので現物合わせで寸法を割り出すことにしました。
アルミ板の切断にはジグソーを利用。
前はグラインダーを使っていたのですが、その時なぜかジグソーを持っていることを失念していました。
当然こっちの方が楽だし切断面もきれいです。

f:id:moto-roo:20181126094901j:plain
マウントに利用するのはメーター下からコンニチワしている2本の6㎜タップボルト。
ここに3㎜アングルをかませて3㎜アルミ板を連結。
ガジェットのクランプは市販品を利用。

f:id:moto-roo:20181126092208j:plain
ただ、市販品は大きすぎるので、また今度にでもアルミアングルから自作したいと思います。
こうなってくるとボール盤が欲しいですね。
製作用の作業台も・・・。

 

f:id:moto-roo:20181126092144j:plain

前回と比べたらまぁまぁの出来です。
とりあえず今回はこれでいいかなと。