トランポはレンタルか自家用か

f:id:moto-roo:20181129145522j:plain

「サーキット走って自走ですか?」
たまに聞かれる質問です。
答えは「いえ、軽トラに積んで行ってますよ」
すると「ああ、やっぱりそうですか」とため息つかれます。
皆が考える自走ですが、そこにはリスクが潜んでいることは薄々気づいておられるのでしょう。

自分は自走する気はないのですが、かといってトランポは所有していません。
トランポになりうる車両に買い替えるための追加金を用意したりする気もありません。
買い足しも今のところあり得ません。
とはいえ、レンタルと所有とどれくらい差があるのかきちんと調べたことはないのでちょっと計算してみました。

 

f:id:moto-roo:20181129145518j:plain

本年度のサーキットに行った回数は予定も合わせると17回。
内訳は鈴鹿ツインに12回。鈴鹿サーキットに4回。岡山に1回。多いんだか少ないんだか。
とにかく年に17回、軽トラをレンタルしています。
レンタカー店で顔なじみになりつつある回数ですね。
レンタルのコースは12時間と24時間があり、最近は24時間コースで借りることが多いです。

私が利用しているレンタカー店は比較的料金が安く、12時間は平日3,980円 休日4,480円。24時間で平日4,980円。24時間で5,480円となっており、そこに保険が1,000円追加されます。
さらにこの会社では月に1回ほど半額クーポンが出てくるなどのサービスが充実しています。
そんなこんなで、使用料の平均は保険も合わせておおよそ5,000円ほどと考えていいでしょう。
つまり年間利用料は5,000円X17=85,000円。
やっぱり安い?

f:id:moto-roo:20181129150829j:plain

レンタカーの欠点は

  • 使いたいときにすぐ使えない
  • 常に時間との制約を考慮しなくてはならない
  • 店まで2往復することになる
  • 改造できない

実のところ、トランポ以外に軽トラがあればなぁというシチュエーションは多々あります。
幌も欲しいところですがそういった自由度がレンタカーにはありません。

しかし軽トラを買うとなると駐車場代だけでレンタカーの利用料金とほぼ同額になってしまいます。
私が住んでいる場所は比較的田舎ですが、それでも青空駐車で月額7,000円。
7,000円X12か月=84,000円
この上に維持費用がそっくりそのまま家計の負担となります。
4ナンバー登録なら

  • 自動車税4,000円
  • 重量税5,400円(2年)
  • 自賠責26370円(24か月)
  • 車検点検整備費用30,000円~
  • 任意保険43,930円。

1年間で約78,000円。
駐車場代を合わせて合計約16万円が軽トラを維持するためだけに必要という計算結果。

f:id:moto-roo:20181129145507j:plain

消耗品の費用は含まれてませんが、走行距離はさほど伸びることはないのであまり神経質になることはないでしょう。
重要なのは、軽トラを購入する費用はここには含まれていないことです。

この時点ですごく微妙であることはわかってきました。
利便性だけで年間約78,000円の追加と車両台・・・。利用頻度は月2~4回ほどになるでしょう。
こうして展開してみると、利便性と経済性を天秤にかけて導き出されるのはレンタルに優位性があるという結論だけのようです。

 

個人的には軽トラック愛にあふれているんですけどね・・・。