TL1000S トラックデイ専用機 完成

f:id:moto-roo:20190218090616j:plain
完成といってもベース車な状態ですが、こんなもん所詮は自己満足の世界ですのでこれで良しとします。
上を見たらキリがない。

経緯は以下の通り。

今回はフロントフェンダーの補修、ダミーヘッドランプカバーの完成・取付とテールカバーの製作と取付を解決して完成となります。

 

f:id:moto-roo:20190218092525j:plain

TL1000Sのフロントフェンダーは取付用ステーが貧弱で折れやすい欠点があり、私のTLもそれにもれなく割れました。
今までステンレスワイヤーで縛っていましたが、今回を機にFRPでステーを復元し再塗装しました。

 

f:id:moto-roo:20190218090619j:plain

ダミーヘッドランプカバーは期待通りの軽さで作ることはできませんでした。仕上げもテキトーな処理。
試作品という意味もふくめ、もう少し暖かくなったら作り直したいです。
しかしあの特徴的に大きなヘッドランプを取り外したことにより、取り回しが軽くなったのは最大のメリットです。

 

f:id:moto-roo:20190218090702j:plain

テールカバーはこれまたテキトーにダンボールで型紙をつくり、1㎜アルミ板から切り出してカーボンラッピングでそれっぽく仕上げています。


今回もう一つの功績はメインハーネスの取り回しを変更したことで、ハンドルの取り回しが激変したことです。
これは今までの取り回しが前のオーナーによるものだったのか、それとも新車時からのものなのかわかりませんが、メインハーネスがハンドルを切るたびにギシギシと軋みまとわりつき、ハンドルロックまでスムーズに回らなかったのです。
今回はそれを見直すことで、見た目もスッキリしハンドルロックまで気持ちよく回るようになりました。

 

 タンデムステップは根元から切り飛ばしました。
これだけで雰囲気がガラリと変わりました。

f:id:moto-roo:20190218090611j:plain

f:id:moto-roo:20190218101448j:plain

f:id:moto-roo:20190218090622j:plain


将来的に鈴鹿サーキットで走らせるには2R区分となり、ベリーパンが必須になります。
SV1000Sのアンダーカウルを流用するか、アフターパーツを選ぶか。
まだ時間はあるのでボチボチとやっていきます。