通院と部品集め

先週までヒィヒィ言いながら通院してましたが、昨日になると随分楽になりました。
で、調子に乗ると「イタッ!」となるわけで、レーシングスーツの袖を通すのはまだ先になりそうです。
プロのレーサーって一体どうやってリカバリーしているのか不思議。
よくハスッってもつれて転がったり、スリップダウンしたり、ハイサイドで飛んだりしてますけど・・・。


999Sのほうは中古のパーツをかき集めているところです。

f:id:moto-roo:20190703104035j:plain

こちらの程度の良いアッパーカウルは運良く安値で入手できました。

意外と見つからないのがミラーとカウル・ミラーステー。
999のミラーはそれ自体が意匠ということもあり他に選択肢がないのですが、これがバックミラーのくせに後ろが見えない役立たずのくせに高い。

外装一式はABSインジェクションのチャイナカウルを考えていたのですが、まだ思案中。

公道用のジャケット、パンツ、ヘルメットもアウトに加えて、リアタイヤがパンクしていたのでこれも買い替える必要がある。

リアタイヤがパンクってどういうこと、というのは釘が刺さっていたそうな。
転倒中に釘が刺さるなんて考えにくい。
もしかして転倒の原因はこれかも、と推測したところで今更どうしようもありません。

お金がいくらあっても足りませんね。
レース活動している人達の資金繰りってどうしているんだろう。単純に世帯年収の差なんだろうなぁ。