8耐の騒動に思うこと

鈴鹿では壮絶な戦いが繰り広げられている中、こっちは暑いさ中に999のタンクをひたすら研いでいました。
うーん、パテが固まらない。
Holtsのポリパテが固まらない。硬化剤を新しくしても固まらない。
硬化剤が劣化しやすいのは知っているけど、ポリパテの主剤が1年ほどで劣化するものなのだろうか。
ちなみにイサムのパテは凄く使いやすい。中間パテだけどもうこれで全部終わらせてやろうか。

f:id:moto-roo:20190731103210j:plain

青木拓磨がオープニングを飾る。
そんな感動で始まった今年の8耐
最後は思わずテレビのスイッチを切ってしまった。


基本的には誰も悪くはない。

 

中須賀氏のコメントには少しガッカリしたけど、チーム全員の必死さを背景に入れればむべなるかな。
本人だって去年出場を目の前で断念したから、どうしても勝ちたかったんだろう。
というか、YAMAHAのピットはちょっと不甲斐なさすぎませんかね。
何故他のワークスと比べてピット時間が致命的に遅い?
TECH21カラーを復刻して浮かれている場合じゃないですよ。


オイルまき散らしたSERTには案の定バッシングが集まっているけど、ドミニク監督の有終の美を優勝という形で飾りたいという思いがあんな行動に繋がったのかなと思うと、逆に心が痛む。


強いて言うならやっぱり運営が一番悪い?
ウェットでブローしたマシンがいてオイルが流れて・・・誰だって即赤旗のはずなのに、終了間際ということで
「いけるんちゃうか~ なんとかなるんちゃう?いっとけいっとけ」
「ここで中断したら文句言われそうやし」
なんて声があったんじゃないのか?
FIAモビリティランドの間で何があるのか知らないけどゴタゴタしすぎ。
個人的にはS字に転がっていた落下物(マフラー?)の件について、何でもっと早く処置できなかったかと思う。

 

 

うむ、ところで自身はいつになったら復活できるんだろう・・・。
パテ研ぎが終わりませんよ。
身体もブクブク太る一方だし。