トレッドミル

何かの論文を斜め読みしただけなので、エビデンスがとれているわけではないのですが、
「実走とトレッドミルとの差異はトレーニングの積み重ねでなくなっていく」という説。
国ごとで違ってくるアスファルトの硬さも考慮しなくてはならない世界選手権大会選手やオリンピック選手のような超一流アスリートには当てはまらないだろうけど、お腹を引っ込めたくても自重で膝関節がヤバくなるような人ならこの説を信じてもいいような気がします。

昨日はトレッドミル40分とスイム20分。

トレッドミルは走らされている感覚が自分には良いみたいです。
自発的に走る必要がないから「楽に厳しくできる」からです。

スイムは泳ぎ方を忘れたみたい。おかしいな、頭を下げると息継ぎができない。
もうヘッドアップスイムとかできませんよ。