アクトパル宇治 常設テントキャンプ

21日のFTDに行っとけばよかった。
天気予報士達のスカタンが。21日は晴れてグッドコンディションだったじゃないか。

気を取り直して22-23日はキャンプを楽しむことに。
結構重労働でしたが。

f:id:moto-roo:20190923204012j:plain

ワイフがここがいいと指示したのは、場所は知る人ぞ知るアクトパル宇治。

f:id:moto-roo:20190923204141j:plain



京都アニメーションが制作した「響け! ユーフォニアム」のロケ地になった所です。
京都アニメーションの悲劇は個人的に大変ショックな出来事で、しばらくは胸のつかえが収まりませんでした。

f:id:moto-roo:20190923204203j:plain

亡くなった方々のご冥福をお祈りします。

 

 

f:id:moto-roo:20190923204104j:plain

宿泊センターは合宿場所のお手本のような雰囲気で、清掃・整備が行き届いています。
キャンプでの宿泊客もお風呂を使わせてくれるのでとても助かります。普通は近場の温泉かシャワーで妥協ですからね。
ちび助はアスレチックエリアが楽しかったようで、何度も周回していました。

今回はフリーサイト区画が予約できなかったので常設テントでの宿泊になりましたが、当日は台風の影響で連休だというのに空いていました。
さて、駐車場からキャンプエリアまでは貸し出されるリアカーで荷物を運ぶわけですが、坂道を登っていくのでかなりの重労働になります。断言します。真夏にやったらえらい目に遭う。
やっと到着したと思ったらそこは炊事場で、そこからさらに急こう配な坂道を登っていくことになります。

 

f:id:moto-roo:20190924090423j:plain

炊事場はとても綺麗でバーベキューをするにもとても使い勝手が良かったです。

 

残念だったはこの常設テント。
カビがすごくて中がかび臭いのは、なんとかならないかなと思った次第。
エンジン式の高圧洗浄機で洗浄したい気分です。

f:id:moto-roo:20190923204255j:plain


フジカデビュー、と思いましたが台風が運んでくる湿った空気が暑くてそれどころじゃなかったのが残念。
やっぱりキャンプは寒い時期に限ります。

f:id:moto-roo:20190923204230j:plain


ここでのキャンプをする際は如何に荷物を減らせるかがカギですね。
とにかくリアカーでの運搬が大変なので、現場でレンタルできるものは極力利用したほうがよさそうです。
ワイフは今度は施設で宿泊したいと申していましたが。
それと、当日は天候がいまいちでしたが周りに照明設備がほとんどないために天体観測が楽しみなところでもありました。