鈴鹿サーキット ROC 2019/10/30

次の土日が全日本ロードレースということで、使えるピットは20番まで。
平日だというのに定員はフルだったそうでピットガレージはやや混雑していました。
仕事もしないで困ったオジチャンばかりですねー。

f:id:moto-roo:20191031090626j:plain

 5か月ぶりに走る鈴鹿です。今回は復帰の様子見と決めていました。
実際コースインするスピードに目が追いつきません。
走行枠1回目はエキスパート組と混走。案の定バンバン抜かれていきます。
不甲斐ない思いをしながらもじっと我慢。無理して追走したらコースアウト確実です。

2枠目、3枠目でようやく慣れてきましたが、ホームストレートでは1コーナー手前のブレーキングに自信がないためにワイドオープンにできず、1コーナーと最終コーナーではライン取りがイメージできず、S字ではタイヤに疑心暗鬼に。
もっと倒し込んでもいいはずなのですが、身体がそれを拒絶するかのような。
セッティングのせい?それとも加齢のせい?そりゃまぁ瞬発力や反射神経は鈍ってるでしょうけれど。

この日のベストは東コース5秒を切るのがやっと、という有様。
1㎞走るのに1週間かかるぐらいに、遅い。


2019-10-30 Suzuka circuit ROC B-class

定員いっぱいのBクラスはどうしても団子状態になります。
私はいつも準備でモタツイテしまいスタートが遅れるので、後方から抜け出すのは一苦労なのですが、目が三角になりそうになった時にふと頭の中を家族の顔が横切った。
「あ、レースじゃないんだから無理に追い抜くのは止そう」
無理をしてクラッシュの可能性が上がることをする必要なんてないのです。

 

3枠を走り終えヘトヘトになりながら撤収準備をしていると、私の軽トラ(レンタルだけど)の前に全日本ロードレースに参戦するチームの大型トレーラーが立ちはだかる。
「素人が、さっさとどけよ」ということでしょうか。
まぁそう急かしなさんな。こっちも疲れてるんだし。
ということでいつものペースで撤収しました。


この日の鈴鹿はチビッ子達が見学に来ていました。この季節は学校見学が多いですね。
ホームストレートをバイクが駆け抜ける度にキャーキャーと歓声上げるのが可愛らしい。

f:id:moto-roo:20191031090818j:plain


15番ピットにはレッドブルレーシングチームが使った痕跡がありました。
この場所にフェルスタッペンが立ってたのでしょうか。
うーん、感慨深い・・・。

f:id:moto-roo:20191031091047j:plain