ダビデ・ジュリアーノ チームプリンシパルになっていた

私が使っているヘルメットは4つほどあって、サーキットで使っているのはそのうちの二つ。
一つはカル・クラッチローレプリカのQuantum-J。
もう一つはダビデ・ジュリアーノレプリカのRX-7X。最近はずっとこれ。

f:id:moto-roo:20191107072145j:plain

 

f:id:moto-roo:20191107072204j:plain

カル・クラッチローはともかくダビデ・ジュリアーノを知っている人はかなりのSBKファンでもない限りいないと思いきや、本家のアライからはQuantum-Jで、東単からは御覧の通りRX-7Xでレプリカヘルメットがラインナップされているくらいなので一定層に人気があると思われる。

 

ご本人はなかなかの濃い系なイケメンでセクシー。ロッシ、マルケス、レイ、バウティスタらと比べてもルックスは格上だと思うな。
ただ運がないのかアプリリアドゥカティBMW・ホンダとSBKからBSBへ、そしてまたSBKへと渡り歩くも戦績は輝けなかった。


そのジュリアーノさん、2017年過ぎたあたりからパッタリと情報が途切れてしまった。
では今一体何をしているのだろうと調べてみると、今年4月になんとMoto3のチーム代表になっていた。

www.moto.it


RGR TM Racing Factory

30歳という若さでチームプリンシパル?もう現役は引退したのかな。
インタビューに移っている姿は、SBKで戦っていた頃に比べると幾分ふっくらした感じ。
眼つきも穏やかになっているような。
さすがに日本まで情報が来ないわけです。

 

もう現役には返り咲きする可能性は低く残念ではあるけど、これからはチームの監督としてMoto3での活躍をお祈りばかりの今日この頃です。

RGR TM Racing Factory