鈴鹿サーキット ROC 東コース 2020/2/8 B枠

999Sが入院中なのでTLを使うことにしました。
メンテナンスサイクルの負担額の差を考えたら、これをきっかけにもっとTLを活用しようかと考えなくもありません。
・・・始動性はTLの圧勝だし・・・。

f:id:moto-roo:20200208181649j:plain

では1本目。
足回りのセッティングは鈴鹿ツインに合わせたまんまだったのですが、先導者走行の時点で「なんじゃこりゃ」でした。
もうフワフワですよ、フワフワ。
S字でリアがどこかに飛んでいくんじゃないかと思うくらいに破綻してます。
ブレーキレバーの角度もおかしなことになってたのでとりあえずそれだけでも修正して走り出すも、ダメなものはダメ。
リアタイヤはこんなアブレーションが出てしまってました。

f:id:moto-roo:20200208181841j:plain

ピットに戻ってきた時の気分はカミーユですよ。
「こんなセッティング、修正してやる」

基本的にやってはいけない複合調整。
タイヤ空気圧0.2UP。
リア:戻・圧共に固め。
フロント:戻りを0.5回転固めに振っての2本目。

かなりまともになりました。
1本目の破断からすると全くの別物。
もしかして鈴鹿ツインでのセッティングが方向性間違ってたんじゃないかと思うほどです。

タイムもBクラス枠ならまぁまぁな2秒台。
これならセッティングしだいで伸びしろは期待できそうです。


SUZUKA ROC / Feb 8 , 2020 / 14-18 laps

 

それはともかく、もうちょっとなんとかならんかこのコクピット

f:id:moto-roo:20200208181859j:plain
まるでツーリングバイクみたいにゴテゴテゴチャゴチャと・・・正直うっとうしい。
でもGoProとRaceChronoを連動させたいのでスマフォ使うのをやめるわけにはいけないというワガママ。
RAMマウントが大きいのも輪をかけてしまっています。
もうちょっと考えないと・・・。

 

出発前の軽トラとTL。
右下・中央下付近の存在にお気づきいただけましたか?

f:id:moto-roo:20200210093210j:plain