鈴鹿サーキット ROC 2020/11/16 DNS

前日にタイヤ交換して気分新たに・・・と思ったら思いもしない事態に。

f:id:moto-roo:20201117084359j:plain

とにかく晴天。しかし太陽光が刺すような強さで路面を照り付けています。
真夏の太陽とはまた違った困難。私は網膜が弱く、こういう照り返しは刺激が強すぎて弱いのです。

しかし、事態はそれとはまったく違う内容。
結論から言えば車両不良のため走る直前でDNSです。

 


ヘルメットのあごひもは閉めた、グローブもはめた、ツナギのファスナーも確認した、エアバッグの紐も取り付けた・・・なんだこの煙は・・・?
エキゾースト下部から煙が、何か焦げ臭い。

 
原因は修理したナンバープレートステーでした。

f:id:moto-roo:20201117085033j:plain

こんな現象は初めて見ます。
マフラーからの輻射熱でリベットが過熱。ドライカーボンを焼いていました。
それも1か所だけです。焼け焦げた位置より上のリベットはさらに近距離だったのですがこちらは何も異常なし。
このカーボンステー自体もマフラーから1㎝未満浮いたステーに直付けされていてさらに条件は厳しいはずなのに・・・と、少し頭が混乱しました。
輻射加熱ならより近距離の方が影響を受けるはずなのですが・・・マフラーからの固有振動が絶妙な条件を整えた?
あ、バカがそれっぽいこと推測してもボロが出るだけですね。

一瞬ワイヤーで仮止め処置しようかと頭をよぎりましたが即座に非議。
他人を重大事故に巻き込みかねない真似はやめておきます。
今まで1mmも走ることなく引き返したことは何度かあったわけですし、今回もそれに倣う事にしました。

ワイフは「ナンバープレート外して走ればよかったんじゃない?」とのことですが、ROCは公道走行可能な車両という事が前提なのでそれはダメ。
確かに、サーキット走る上でナンバープレートなんて無い方がいいに決まってるんですけど、とにかくそういう規則だからダメなもんはダメ。

f:id:moto-roo:20201117091032j:plain

「タイヤ交換して、リアブレーキパッドも交換して、各ボルトも締付けトルク管理して、ペイントマークしたのになぁ」と家のガレージで各部を再チェックしてたのですが、あれ・・・なんだこれ・・・。
リアブレーキパッドを交換していた時は気づかなかったのですが、リアディスクローターに小さなクラックを発見。これ、いつからあったクラックなんだろう。
また財布が軽くなりそうです。