コーナーランプの交換

f:id:moto-roo:20201121182239j:plain

LEDアダプティブヘッドランプが主流の今、姿を消したのがコーナーランプ。
W639はフォグランプをコーナーランプと併用するタイプ。
その電球はよく切れるとの情報は事前にいただいていましたが、例にもれずついに切れました。

 

ヤナセにお願いしたらお幾らするんでしょう。
ええ、もちろん自分でやれば100ポンドの節約です。
さらに自分でやればランプの選択も自由自在。

f:id:moto-roo:20201121184135j:plain

ですがここはオーソドックスにハロゲン球を選びました。
GE社の照射範囲が120度のワイドタイプです。
LEDも考えましたが、寸法が合うか確証が持てないのと、キャンセラーとの相性もありましたし、なにより指向性の強いLEDの波長はフォグランプにはどうかいなと。
広い範囲を照らすにはハロゲンに分があるかなーという判断です。

 

f:id:moto-roo:20201121182314j:plain

左はマシなのですが、右側はエアクリーナーボックスとダクトのせいで非常にタイトです。ニトリル手袋で手を保護しながら手探りでバルブカバーを探します。

 

 

f:id:moto-roo:20201121182326j:plain

無事作業完了です。
ボンネットをポリッシャーで水垢研磨したので、空がきれいに映りこむようになりました。

次はポジション球ですね。こっちはLEDにしておこうか。
バーナーも寿命を迎えているっぽいのでこちらも考察中です。